トップページに戻る

拒食症とは?【その6】拒食症は完治可能!治ります!



もしあなたの身近な人が、あなたの心から愛する人が
こんな病気になったらどうしますか?

あなたの子供が、あなたの妻が、あなたの友達が
こんな病気になったら、どうしますか?

この病気は、今の女性なら誰でも考えるような
痩せへの憧れが入り口です。

しかし、気が付かないうちに洗脳されてしまい、
その先に待っている世界は地獄です。

だから、この病気の性質を知ってほしいなって思うんです。

本当に理解できれば、
この病気にならないような生き方をすることもできますし、
治す道も見えてきます。

また、これから、いろいろな角度から、
この病気についてお話させていただきたいと思います。

読んでくださった皆様、有難うございました。

「拒食症とは?」【その1】から読みたい人はここから

posted by ちーひめ at 12:23 | Comment(5) | TrackBack(0) | 拒食症とはどんな病気か?
この記事へのコメント
こんばんは!

以前おじじゃましたヒマジンです。
この前は微笑みと名乗りましたが、楽天の時の名前のヒマジンに戻します。

摂食障害はなかなか辛いものがありますね。
私もある時ストレスから食欲が消えてしまい158センチの身長で45キロを下回ってしまいました。
それから今度は過食となり67〜70キロに太ってしまいました。
原因は鬱病です。
夜寝る前に食事をして安心を手に入れる習慣がついてしまったのです。

今年の5月の連休からダイエットをして今は53キロ前後で推移しています。

もうダイエットは終わりにしたいのですが、食べると太ってしまい、その恐怖から抜け出せないでいます。

困ったものです。(笑)

この延長線上にリストカットやODが待っているのかもしれません。

私はリストカットやODをした事はありませんが、その気持ちは痛い程わかります。

家族が悲しみ困惑するのが分かるので、ギリギリのところで止めているのかも。

ちーひめさんの日記はとてもためになります。
ありがとうございます。
Posted by ☆ヒマジン☆ at 2005年12月05日 20:57
はじめまして。
摂食障害について書かれていたので思わず書き込ませていただきました。
実は私も半年ほど前から摂食障害で悩んでいます
食事だけの問題ではなく、家族間のトラブルなど辛いことも多いものですが、貴サイト様を拝見し励まされる思いでおります。やはり大切なのは気持ちですよね。本当に感謝でいっぱいです。
では短いながら失礼致します。
Posted by なみ at 2006年10月31日 15:26
なみさん、

コメント、本当に有難うございました。
さっそく泉先生にも伝えさせていただきます。
きっと、勇気付けられると思います。

辛いことも多いと思いますが、
生きてくださいね。辛いときは、また
このサイトに戻ってきて下さいね。

なみさんの心が少しでも楽になりますように。

ちーひめ
Posted by ちーひめ at 2006年11月01日 14:17
ご丁寧に書き込みを下さって、
どうもありがとうございます。
摂食障害に関しては、
もっともっとみなさまのお役に立てるお話を述べていきたいと思っています。
ついつい日々の仕事に追われて、筆が止まっているのですが、
また、お時間のあるときに、ときどき見てください。
もしかしたら、また新たなお話が付け加わっているかもしれません。
みなさまの中にある本当の自分が、ダイヤモンドの心が目覚められて、
幸せになっていただくことができれば、それ以上に嬉しいことはありません。

Posted by 泉和秀 at 2006年11月01日 22:25
か、高祖(たかす)神社本殿・拝殿(糸島市)▽筑前芦
Posted by トリーバーチ 財布 at 2012年07月30日 22:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/10164431
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。