トップページに戻る

【1】摂食障害(拒食症・過食症)が治るとはどういうことか?
第一レベル:肉体的・生命的危機の回避




今回は、精神科医の友人に
摂食障害(拒食症・過食症)が治るとはどういうことか、について
教えてもらいます。

医療者を対象に想定して書いてくださったものですが、
とても分かりやすい内容になっていますので、
ぜひ、読んでみてくださいね。

ーーーーー


摂食障害の治療において、
その本人や治療者がどこにゴールを置くかということは、
お互いに納得のいく治療を行う上でとても大切なことです。

例えば、風邪なら、
その風邪を引き起こしているウィルスの活動が治まり、
喉の痛みや鼻づまり、咳、発熱といった症状がなくなれば、
一旦は完治したといってよいと思います。

この例えで言うなら、摂食障害では、
ある程度の食事をとり、
過食や自分で吐くといったこともなく、
正常範囲の体重になって、生理もあれば、
治ったと考えるのが一般的です。

ただ摂食障害は、
その病理の理解の不十分さや治療の難しさのために、
治療者は様々なゴールを設定します。

おそらく最も低いレベルのゴールは、
「生命的危機を回避する」ということにあるでしょう。
身体的に標準体重の60%を割るような著明な痩せをきたしたり、
頻回の嘔吐を繰り返すことで
カリウムという電解質が下がったりすると、
死の危険性があります。

このとき、一般内科に入院して
点滴治療を行うことなどがありますが、
ここでの治療目標は、
とりあえず目の前に迫っている生命的危機を回避する
という応急処置的なものになります。

摂食障害の根本的な問題解決には何ら関与していないので、
もし、この処置だけで治療を終えたような気になったとしたなら、
再び元の状態に戻り、生命的な危機が訪れるでしょう。

よって、このゴールはマラソンで言えば、
中継地点のようなものであって、
最終ゴールを目指すには専門家による治療が必要になります。


摂食障害が治るとはどういうことか?【2】へ行く 

この記事へのコメント
初めまして♪
過食嘔吐症で検索して、こちらに伺いました。
自分の悩みを解決したかったのですが、どうも見つからないので、コメントさせていただきました。
あたしは、過食嘔吐症を治したいと言うより、仕方ない、として付き合ってきました。最初はストレスだったと判っているのですが20年も経つと、癖と言う他にありません。回数も減っているし。
ただ、ここ数年、肌の乾燥が酷く、二年前に皮膚科にかかったのですが、酷い顔の皺の切れは治ったものの、基礎化粧品だけで、顔中に湿疹、この所は、目の腫れ、目のかゆみなど、何ともし難い状態で、もしや、嘔吐してきたせいで、必要な栄養が足りず、年になってから出てきたのかと思いまして。そうなら、本格的に治さないと、と思ったのですが。
先生の解説によると、あたしは過食嘔吐症ではなさそうです、苦笑
生理もあるし、体重も普通です。食生活は未だ、めちゃくちゃですが、嘔吐と肌の異常は関係ないのでしょうか。ただの食生活改善なら、どこに相談にいけばいいのでしょうか。
教えて頂けたら幸いです。
こちらは、皆さんのように、一人で悩むタイプではなく、廻りも知っている、オープンな病人です、笑
Posted by yuu at 2008年04月23日 21:29
食生活の改善ということですが、
以下のサイトに行ってみてください。

http://www.fatoff.jp/top.htm 

佐々木さんという方が開発した方法ですが、
体の声を聞きながら代謝の循環を良くすることで、
普通の生活をしながら、体脂肪を落とすことができます。

体の声を聞いているうちに、
バランスの良い食事ができるようになります。

これは、痩せるというだけでなく、
痩せた体を日常生活のなかで維持する、
というところをゴールにしていて、
とっても健康的です。

参考になればと思います。
Posted by ちーひめ at 2008年06月12日 23:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/10287051
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。