トップページに戻る

【1】過食症ってどんな病気?
過食症の症状・過食症の過食と普通の過食の違い




ここでは、「過食症」についてお話しましょう。
「過食症」ってどんな病気でしょうか?

私も精神科医になってしばらくは、
「過食症」という病気の意味がよくわかりませんでした。

「たくさん食べて太ってしまうのが過食症かなあ」
当たっているような、当たっていないような・・・。

ただたくさん食べて太ってしまうだけなら
過食をしているかもしれませんが、「過食症」とは言わないんですね。

「過食症」というのは、まず食べ出すと「止まらない」
「(自分では)止められない」ということがあります。

もう食べられないと思うほどにおなかがいっぱいになって、
胃が破裂しそうなくらいなのに、それでも食べ物を口に入れてしまう。
おなかがいっぱいになると食べられなくなってしまうから、
あるいは、食べるだけだと太ってしまうから、
食べたら吐き出し、また食べる。

食べている本人もとても苦痛で、
とても情けなくて、ときにはその頬を涙で濡らしながら、
なお口には食べ物を入れ続ける。

傍で見ていると、
何かにとりつかれているんじゃないかってね、
そう思うほどに
自分自身をコントロールできなくなって食べてしまう。
これが「過食症」における過食です。



次の記事を読んでみる

posted by ちーひめ at 21:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 過食症とはどんな病気か?
この記事へのコメント
はじめまして。まみと申します。泉んぐへの質問、相談の書き込み口がわからないので、ここにコメントさせていただきました。よろしかったら、お返事くださいm(_ _)m
Posted by まみ at 2006年09月04日 20:30
まみさん、
メッセージ有難うございます。

ところで、その質問はどこに書きましたか?
もしかしたら、違う名前で
コメントしていますか?

まみさんの名前で残っている質問が
見つからないので、教えて下さいね。

ちーひめ
Posted by ちーひめ at 2006年09月06日 00:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。