トップページに戻る

【4】過食症ってどんな病気?
過食症の異常行動・行動原理・痩せにこだわる心とコントロールできない過食




このようにして、本当はすごく痩せていたいのに、
食べるのが止められない。

そんな状態になると、人はどのようなことを考えるでしょう。

★過食が落ち着いているときには、少しでも食べずにいよう。
★それでも食べてしまったら、吐き出してしまおう。
★おなかの中に食べ物があると気持ち悪いから、下剤を使って、出してしまおう。
★とにかく時間のあるときには体を動かして、カロリーを消耗しよう。

このように、考えられる限りの手段を使って、何とか痩せようと考えます。

ただ痩せへのこだわりは強烈ですからね。
このやり方が尋常ではありません。
食べないと言えば、水分以外は全くとろうとしない。
ときには、水分さえもとらない・・・・いや、
怖くてとれないと言ったほうが正しいかもしれませんが・・
そんなことがあります。

吐くと言えば、バケツいっぱいになるほどに吐き、
その吐いたものを放置して、
異臭の漂う部屋の中で暮らすこともあります。

下剤を使う場合には、
おなかの中のものを全て出し切ってしまおうとして、
50錠や100錠といった下剤を常用します。

運動では、一日に数万歩を歩いたり、縄跳びを何千回としたり、
座ったり寝たりすることさえ体重が増えると言って恐れ、
ずっと立ったままでいて、一日中、足踏みを続けるような人もいます。

いずれも常軌を逸したこだわりで、
こうした痩せにこだわる心と、そのコントロールの不可能な過食こそが、
「過食症」という病気なのです。



過食症ってどんな病気?を最初から読んでみる


posted by ちーひめ at 21:53 | Comment(3) | TrackBack(0) | 過食症とはどんな病気か?
この記事へのコメント
私は45?sまで痩せる10?s を一ヶ月でやってのけ…しかし、大学生活を送るなかでどんどん食べる量が増え55?sになった人間です。上記に書かれていた通りの動作を行い続けている状況…助けて欲しいけど、その方法がわからない。…、私は今の食生活を治す事を考え様々なモノに挑戦しています。人間は食べなければ死ぬだけ…食べ過ぎても死ぬ。解決方法はあるのでしょうか…私には見当もつきません。
Posted by 山口良美 at 2006年08月23日 16:23
良美さま、

それは辛い思いをしてきましたね。

これは一言で答えられることではありませんが
過食症関連の内容も、これからもっと
載せていきますので、時々帰ってきて
読んでくださいね。

また、過食症関係の記事だけでなく
他の記事のなかにもヒントがあると思いますので
いろいろ読んでみてくださいね。

少しでも心が楽になりますように。
Posted by ちーひめ at 2006年09月06日 00:29
私は過食を20年続けています。
ずっと、認めたくなくて、ただの食べすぎを週末に行っているのだと思い込んできました。
が、仕事やプライベートに悪影響を及ぼし、これからの人生が不安でしかたがありません。
死ぬことは逃げでしかありませんが、いつか自分は自殺するのではないかと、自分の将来さえどうなるのか予想がつきません。
過食をするときの自分は、自分の強い衝動でありながら、自分ではない人間のしわざに思えるから。自分を信じられないのです。
Posted by プーさん at 2008年01月21日 01:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。