トップページに戻る

摂食障害の娘にどういう態度で接するか?(娘に過食嘔吐を告白された母の悩み) 

質問 by ある母様:

つい先日娘から、
吐いたりめちゃくちゃ食べたりしている事を、
告白されました。

薄々変だなぁと思ってましたが、
姑や自分の親に「大丈夫?」といわれ、
(何だか、全部母親のせいの様に聞こえるのが、私は辛いです)
仕事から帰ると、3合炊いたご飯やうどん二玉、
ハ゜ン半斤無かったりすると、また食べ吐くをしたんだと、
顔に出て、それが娘にはとても辛い嫌だとメールもらいました。

全て母親の私の責任と周りに言われ、
娘は私の反応を見張っているように、
「ああいう顔で見られるのは嫌だ」とメールでいわれ、また、
自分が全部いけないからごめんなさいごめんなさいと謝られ、
頑張るからからと言われ。

娘を信じたいですが、
毎日毎食食べた後洗面所でもどしている様子に、
とても落ち着いてみてなんていられません。

カウンセリングに行こうと誘ってもイヤだと首を振るばかりです。
私がノイローゼになりそうなので、精神科に電話すると、
思春期はやってないとか、予約が一杯とか、話しにもなりません。

娘はしっかりしていると信じていますが、
急に「吐きそう」とメール送ってきたりするので、
どう対応すればいいのかわからず、ただおろおろしています。
私はどういう態度で接すればいいのでしょうか?教え下さい。

泉和秀先生のお答え:

娘さんに対しては二つの目で見てあげることが大切です。

ひとつには、本当は「治したい」「治して幸せになりたい」
という思いを持っておられるということです。

一方、娘さんは過食症という病気の状態にあります。

病気というのは
「自分でコントロールできない状態にある」から病気なのです。

「治したい」という思いを持ち「頑張る」と言っても、
病気といわれる状態になっている以上、
自分だけの力ではコントロールできない状態にあるということも
知ってあげることです。

「頑張る」と娘さんが言われたときでも、

「頑張ろうと思っているとは思うけれど、実際にできる?
本当にできる?難しいんじゃないかな?

これまでだって何度も何度もそう思って出来なかったでしょう?

あなたに治す力がないと言っているわけじゃないの。

きちんと正しい方法で順番に治療をしていかないと、
いくら頑張ろうと思っても治るのが難しいの。

本当はどうしたらいいかわからないんじゃないの?」

といったふうに言葉かけをするとどうかと思います。

声のかけ方がとても大事ですが、
相手の心に伝わるように話すと心を開き、
治療に取り組もうと考えてくれます。

またこのご質問でお母さん自身、
自分のせいではないかと気に病んでおられるようですが、
いくらか影響を与えたかもしれません。

いやほとんど影響を与えていなかったかもしれません。

いずれにせよ、娘さんの幸せを願い、治ることを願うのであるなら、
自分自身を責めるのはやめて下さい。

娘さんの言動を見てもわかるように、
娘さんにも自分を責める傾向があります。

この自分を責める傾向は、
おそらくこの病気に至った根本的要因であると思われます。

もしこの性格傾向が改善されるなら、
過食症もかなり良くなる可能性が高いと思います。

ですから、お母さん自身、娘さんのことを思うなら
娘さんと同じことをしていてはいけません。

お母さんが自分自身を責めれば責めるほどに
娘さんも罪悪感を持って自分自身を責めるようになります。

お母さんはもう責めるのをやめて、
自分自身の責任かどうかということについて
「まあいいか」「仕方ないものね」とあきらめて下さい。

そのお母さんの姿勢が娘さんの心を楽にすることになります。

「吐きそう」などと言っていたときの対応については
ブログを参考にしていただければと思いますが、
敢えてここで述べるなら、
次のような声かけをしてあげるとどうかと思います。

「この治療ではまずは何よりも
吐くのをやめることが大事なことだから絶対に止めることよ。

どうしても止められないなら仕方ないけれどね。

ただ、あなたの中には止める力はあるのよ。

出来ないと思い込んでしまっていて、
その力を使えなくなっているだけなの。

だから、
あなたが吐くのを止めると思えば止めることもできる。

出来ないと言えば出来ない。

けれど、出来ると言えば出来る。

今、お母さんが言ってあげられるのはこれだけ。

厳しいようだけど、どうするかはあなた自身が決めることよ。

何とかしたいけれどどうしても何ともならないと思うなら
やっぱり病院に行って助けを借りるしかないわよ」

最終的にはやはり摂食障害をよく理解してくれる
治療機関にかかることが望ましいように思います。

ただ今、
ご本人に影響を与えることができるのはお母さんですから、
まずは上記のようなところから
関わりを変えていかれたらどうかと思います。


posted by ちーひめ at 06:53 | Comment(4) | TrackBack(0) | 質疑応答
この記事へのコメント
私は摂食障害を抱える高校1年生です。
良かったらブログに訪問してください。
多少、娘さんの気持ちはわかるつもりです。
Posted by 希実 at 2008年09月08日 23:31
先生、希実さん、
ありがとうございます。
やっと、今日娘を医者にかかることに、説得できました。
 学校を休んで、過食嘔吐していたことをごまかしているのが、ばれて、私にうそを言ったことが後ろめたく、行くことにしぶしぶですが同意しました。
 先生の助言を、上手く言えたかわかりませんが、背中を撫でながら話しました。
「私の背中、肉たっぷりでしょ」と言っていました。 
 それを聞いて、やっぱり病気なんだな・・・と、改めて感じたしだいです。
 吐いてしまった食費を、バイトで返すとメールありました・・・摂食障害の方の本を読むと、やはり食費のことがよく出てきます。
 家の娘は、思っているより症状が長いのかもしれません。まだ一年くらいと思っていたのですが、本当は高校生になってからか、中学卒業くらいから、それらしい兆候があったのかもしれません。
 どちらにしても、これから診察診断してもらい、本人の「治そう」という気持ちに賭けるしかありません。
 娘には「絶対見捨てないから」「絶対治る病気だから」「一緒に信じてがんばろうね」と、メールしました。
 今自室で寝ています。

 「吐くのを我慢しよう。もどしちゃだめだよ」
と言った時は、顔を背けたので、まだまだかもしれません。

 それでも、前に向かっていくしかないです。
 明るく前向きに、できるだけがんばりたいと思います。
  
 希実さん、ありがとうございます。

 家の娘にも、彼氏ができるといいなぁと思います。心の支えが、なにになるかわかりませんが、そばに居てくれる人が多いとがんばる気持ちになれますよね。
 素敵な青春を送れるのって、いいですよね。
 苦しいのも、楽しいのも・・・

 また、ブロブ読ませていただきます。
 ありがとうございます。
 くれぐれも、健康を心がけてくださいね。 
Posted by ある母 at 2008年09月18日 15:12
先生、希美さん、ちーひめさん、教えてください。
あれから娘は、摂食障害の病院に入院前しました。
来月15日?で3ヶ月になります。入院するきっかけは、過食嘔吐が激しく、体の状態が悪かったからですが、本人は親が泣いて頼むから、仕方ないって話しております。
今日2ヶ月過ぎて、2度目の外泊でした。
ところが、いつもなら娘の話しに聞き役の父親が、どういうことか、批判めいた口ぶりで、娘を泣かしてしました。
原因は、推測ですが、自分の母親と会って何か話したと思われます。
自宅に寄るように誘ったけど、言葉を濁して帰ってしまった事にあるように思われます。夜、父親と話したのですが、怒りっぽくて、話になりません。さっさと寝てしました。

娘は、今年中に退院したい!退院する!と、息巻いていますが、帰ってきても、変わりそうもない父親がいる家で大丈夫なのか、私は不安でたまりません。
私も、父親(夫)の言動に傷つけられているので、言いたい事は、すべては話していないので、娘を守るためにけんかする勇気を持てません。
夫婦の不仲を見せるのも嫌ですし。
私は、娘が姑の家に行きたいと言うなら、仕方ないと思うのですが、姑、舅、小姑から、いやみをいわれるのは、自分が耐えられるか、わかりません。
でも、これも娘の為、と思って我慢すると思えばいいですよね?
Posted by ある母 at 2008年12月25日 00:57
すみません!
変な所に、書き込みをしてしました。
最初のすぐ後に、書き込みが入ってしまいました。
そちらを読んで、何か、アドレスをお願いします。

ある母より
Posted by at 2008年12月25日 01:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/106136150
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。