トップページに戻る

拒食症の原因【9】拒食症に陥りやすい性格の傾向性・良い子気質




さて、結局のところ、拒食症になった原因は何なのでしょう?

現時点の学会の見解では、
いろいろなものが絡み合っているという考え方で、
明確な見解はないようです。

ただこれまで患者さんの治療に携わってきたその目から見ると、
こんなふうに思います。

拒食症になるいわゆる典型的なパターンの方ですね。
これは、もともと拒食症に陥りやすい性格の傾向性を持っている
のではないかと思われます。

例えば、幼い頃から親などの周りの人の目を気にして、
気を配るような子ですね。周りの人の気持ちに合わせようとして、
自分の気持ちを抑えて、あまり自己主張をしない。

一見、自己主張してわがままを言っているように見えても、
自由奔放というわけではなく、
相手を心配させたりするようなことは言わない。

あるいは、親の期待に応えて喜んでもらおうと、
勉強やピアノ、絵画などの芸術で頑張っている子。

拒食症になる子には、
学校の成績が一番だったというような子も多いですね。

このように、親や学校の先生から見ると、とても“いい子”が、
意外にも拒食症に陥りやすかったりするんですね。

拒食症の原因・最初の記事から読んでみる
次の記事を読んでみる

posted by ちーひめ at 13:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 拒食症の原因って何?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/11112573
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。