トップページに戻る

拒食症の原因【3】果たして親の育て方が原因なのか?




じゃあ、今の時点で何が原因として考えられるでしょう?

昔からよく言われているのが、
親の育て方の問題ということですね。

確かにね、多くの患者さんは、思春期の頃に、拒食症を発症し、
最近では、その発症時期が小学生にまで広がってきています。
まだ自我が確立されていない頃に発症するのだから、
親の育て方の影響は大きいんじゃないかって思うかもしれません。

率直に言うと、
ときには影響していることもあるように思いますね。

ただね、ある親とその子どもを見たときに、
これで親の責任をどうこう言うことは
出来ないだろうと思うことがよくあります。

だって、その子どもはとても素直で、いい子で育っているんですよ。
親もね、その子どもにプレッシャーをかけたりすることもなく、
優しく育ててこられた。

親とお話させていただいても、全く問題は感じられず、
それでも、その子供は拒食症になってしまった。
そんなことがよくあります。

拒食症の心性から見ると、
その「いい子」でいたというところが
気になるところだったんですけどね。

それが注意すべきところだったなんて、
普通は思わないですからね。

もし注意していたとしても、
どのような関わりをしていればうまくいったのか、
こうすべきだったとは言いかねるところがあります。


拒食症の原因・最初の記事から読んでみる
次の記事を読んでみる

posted by ちーひめ at 13:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 拒食症の原因って何?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。