トップページに戻る

摂食障害(拒食症・過食症)治療における医療者の絶望と希望(4)正しい治療へのアプローチ、それを実践しぬく治療者



摂食障害治療成功のための1つ目の条件である、
正しい治療へのアプローチ、
それは別の項でも述べているように、
病気の症状をなくすことだけに囚われるのではなく、
摂食障害(拒食症・過食症)の心性をなくし、
本当の自分に基づく主体的な生き方を引き出すところまで
視野に入れたアプローチです。

それを実践し抜く情熱と勇気を持った治療者が
成功の2つめの条件ですが、
それというのも、摂食障害の治療とは、ある意味、戦いなのです。

その患者さんの「本当の自分」の心を救うために、
患者さんの中にある「病気の自分」がどのような言い訳をしようと、
どのような嘘をつこうと、それを見破り、論理的に封じ込め、
病気の自分」がとろうとするあらゆる病的な行動を、
断固とした行動制限枠で完全に封じ込めなければなりません。

ときには「病気の自分」が泣きながら助けを求めてきても、
治療者はその心の中で涙しながら、
勇気を持って断ち切っていくのです。

さらに、病気の表面的な症状を
一時的に落ち着かせるだけではなく、
その人の人生の幸福まで視野に入れて
根本的に治そうとする情熱がなければ、
偽りの自分」の心を見抜き、
その心の修正にまで関わることは出来ません。

ちーひめ注:

本物の自分」「偽物の自分」「病気の自分」については、
摂食障害治療における患者さんの3つの心を読んでくださいね。

次の記事を読む

最初の記事から読んでみる

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/12809546
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。