トップページに戻る

うつ病自宅療養のあと仕事再開。主治医に疲弊状態と言われました

質問 by SINAさま

こんにちわ。
うつ病で自宅療養を経て仕事を再開して3年目になります。

この2ヶ月、涙が止まらなくなって
身体も思うように動かない、食べるのも嫌になり
依然と同じような気がすると思って主治医に相談したら
「疲憊状態」という診断書が出ました。

「また、うつですか?」と聞くと言葉を濁されました。
うつと「疲憊状態」と言うのは関連があるのでしょうか?

今も身体が思うように動かない。

でもうつでないなら出来るだけ
自分の仕事はこなさなければ思っています。
もしよければ教えてください。
 

泉和秀先生の回答

「疲弊状態」というのはおそらく
その先生ならではの言葉だと思います。

必ずしも一般的ではありませんし、
私の知る限りでは学術的にも使われていないように思います。

うつ病でないから体を動かし、
うつ病だから体を動かさないというのではなく、
今どのように行動するのがベストかを
主治医に訊かれるのがいいと思います。

もし主治医の意見に納得の得るところがないのであれば、
セカンドオピニオンとして別のクリニックを受診して、
どのような見解でどのようにするのがいいかを
訊いてみられるといいと思います。

その上で判断されるのがよろしいかと思います。

ちーひめ注:お返事が遅くなって本当に申し訳ありません。SINAさんにこのメッセージが届きますように。

posted by ちーひめ at 23:31 | Comment(1) | TrackBack(0) | 質疑応答
この記事へのコメント
ありがとうございました。その後、体重減少や感情の不安定がひどくなり、眠れない、食べれない、涙が止まらない症状が強くなりうつ病と診断されました。ただ、ワタシの場合は仕事はやりきれるんです。眠れなくても仕事はやりきる。死ぬ事しか考えられなくても・・・
今は別の職場に変わって仕事をしてますが管理職に変わりはありません。薬の性もあって比較的精神的には落ち着いてますが頭痛や胸痛、手の汗はまた出始めています。今の主治医には4年かかっています。セカンドオピニオンを考えるかどうか悩んでいるのも事実です。
今でも常に希死念慮はあります。でも専門職として仕事は出来ています。主治医はうつにもいろいろあるといいます。自分でも今のままでいいのか、悩んでいます。
Posted by sina at 2010年05月25日 00:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。