トップページに戻る

場面緘黙(かんもく)の生徒を持つ先生の悩み




質問 by せいこさん

小学一年生の担任をしています。
私のクラスに場面緘黙の子がいます。
休み時間は友達と元気に声を出して遊んでいるのですが、
私との一対一の会話で声を出したことは一度もありません。

また、授業中もみんなの前で声を出すことができません。
しかし、「毎日学校は楽しく行っています」と
お母さんから感謝されています。

私は、今後どのように接していくことがよいのでしょうか。
また、声が出せるようにしたいのですが、
何か方法はないものでしょうか。

ぜひアドバイスをお願いします。

Posted by せいこ at 2006年05月23日

いずみ先生の答え:

せいこさんへ

ご質問をいただき、ありがとうございます。

これに関しましては、あくまでも私の見解ですが、
ご本人やお母さんがさほど困っておられず、
楽しく学校に行っておられるということであれば、
先生としては、しばらくそのままの彼女を受け入れてあげて
関わってあげるのがよいのではないかと思います。

どのような問題もそうですが、
その本人自身が何とかしたい、助けてほしいという思いを持ち、
その問題を解決するための動機付けを持ったときが、
関わるべきときだと思います。

ですから、周りから見て問題と思っていても、
本人がさほどそのように思っていない場合には、
なかなか変化をもたらすこともできませんし、
見守ってあげる形でよいのではないかと思います。

posted by ちーひめ at 01:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 質疑応答
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。