トップページに戻る

拒食症と鬱(うつ)の悩み



質問: by rihorinn さん

はじめまして。
拒食症とうつを探していてこのプログに辿り着きました。
先日、眠剤の飲みすぎから入院騒動になって
精神科への入院をといわれました。
病名はうつ病だと。

仕事も残っており、
子どももいるのでとにかく帰ってきました。
もともと夏には退職予定だったので
もう少しで仕事のかたがつくというところだったし・・・
今は回りに隠れながら仕事場に行ったり
家に持ち帰ってしたりの状態です。

薬を飲むことで頭が働かなくなる事が怖く、
今は抗うつ剤の服用もやめています。
1日1〜3時間の睡眠だけど眠いとも思わないし、
ほとんどビール以外は食べ物を口にする事はないけれど
空腹感も感じない。

たまに、お腹空いたかなと思って一口食べたら
返って吐き気がしたりして・・・
拒食症かなぁなんて悩んでます。

医療・福祉関係の人間です。
恥ずかしい話ですが、かえって中途半端な知識が
邪魔をするのかワケがわからなくなってます。

あと少しだから、もう倒れるわけにはいかないし、
周りにしんどい顔は見せたくないから・・・

Posted by rihorinn at 2006年06月25日

いずみ先生のお答え

メッセージをいただき、どうもありがとうございます。

きっとここで書き切れないことも
あるのだろうと思いますが、
もし、うつ症状が強くあって
仕事にも支障をきたしているようでしたら、
抗うつ薬は飲まれた方がいいと思います。

抗不安薬や睡眠薬は別ですが、
抗うつ薬で頭が働かなくなることはありません。

食事については、生理が止まり、
正常な体重を下回ってきているなら、
やはり何とかしないといけないですね。

いろいろと気持ちの抵抗があって、
食事をとっても吐き気がしたり、胃が痛くなったり、
すぐにおなかがいっぱいと感じたりしますが、
それでも、吐き気止めの薬や胃薬を使いながらでも、
食べることが大切です。

食事は、こうした拒食症と思われる時期には、
お腹がすいたとかいっぱいだとか、
お腹の感覚で食べるのではなく、頭で理解し、
3度の食事をとってください。
どんなに苦しくてもです。

このメールを読ませていただいて、
理屈の上では、こうしたことが必要ですが、
実際はいろいろな気持ちのしんどさもあり、
実践することは、かなり大変でしょう。

だから、何よりも今の自分を救う方法は、
信頼できそうな人(医者を含む)を見つけ、
正直な自分を見せることです。

勇気を出して、正直に自分のしんどさを語ることです。
正直さは、大きな力です。
正直になることで、意外にも、人とは
これまで以上に深い心のつながりを持てるようになりますし、
自分に自信がつきますし、何よりも心が軽くなります。

正直になったとき、
あなたはすでにその病気を克服するきっかけをつかんだと
言ってよいと思います。

「勇気を持って、正直に」ということを
少し考えてみていただければと思います。

posted by ちーひめ at 12:09 | Comment(1) | TrackBack(0) | 質疑応答
この記事へのコメント
コメントありがとうございました。先日、全ての業務をやり終え、退職を半月早める形にして休みにはいりました。もともと退職予定で引継ぎの最中だったから・・・やらなければいけないことはすんだから・・・教えてくださった内容すごくわかりやすくて参考になりました。
ただひとつ、ワタシには自分が欝であるという認識がないんです。仕事も家事もこなしていました。仕事を辞めた今、家事を今までにも増してこなしています。
ただ、普段はほとんど寝ないのだけど、無性に眠りたくなるんです。そして薬を飲んでしまう。積極的に自殺しようと思っているわけではないんです。ワタシも多少は医学の知識もあります。この程度で死なない事ぐらいわかってますから。目が覚めなければいいなとは思うけど・・・ただ眠りたいだけなんですよね。
しっかりした自分の意思として薬をやめられない。これが欝とは思えないんだけど・・・
Posted by rihorinn at 2006年07月03日 23:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/19916277
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。