トップページに戻る

幼少時のトラウマは精神科で解消できるか・守秘義務について



質問 by 麗さん:

お忙しい中お答えどうもありがとうございます。
昨日の診察で思い切って
「回避性人格障害」のことを聞いてみたら、
「僕の診断では社会不安障害のほうだと思います」
とのことでした。

そして、何度も質問して申し訳ないのですが、
私は、小学生の時、担任の教師に体を触られて
性的な言葉を言われたことがあります。
20年経った現在でも泣くことがあります。
両親にも誰にも話していません。

教師の生徒へのわいせつ事件などのニュースを聞くたび
吐き気がしたり、泣いてしまいます。

このようなことは、
精神科医の先生に話して解決できるものなのでしょうか。

もうひとつお聞きしたいのですが、
先生は患者の話を奥様や家族に話すことはあるのですか。
守秘義務があっても奥様には話しているのではないか
と思っているのですが、実際にはどうなのでしょう。

泉先生のお答え:

ご質問に対する回答ですが、
過去の思いが出てきて情緒不安定になる
ということに関しては、
精神科の先生に話をして解決できることもあるでしょうし、
そうでないこともあると思います。

こうしたことに関しては、
いくつかの治療方法が試みられていて、
それによって軽快されることもあると思います。
但し、100%治るという保証はできないと思います。

また、その先生が、そうした治療方法を行っておらず、
相談をしてもどうしようもないということもあると思います。

もうひとつのご質問に関しましては、
仰るとおり、原則は守秘義務もあり、
ご家族にお話をされるようなことはないと思います。
ただ個人のプライベートな世界での問題なので、
現実はどうであるかはわかりません。

個人的な実感としましては、少なくとも
名前を言うなどの個人を特定されるような話し方を
される先生は、滅多におられないだろうと思います。


posted by ちーひめ at 08:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 質疑応答
この記事へのコメント
精神科医も社会全体もPTSDを否認、否定、回避していることに気がつかないふりしてるあなたも救いようがない愚か者。
Posted by まるまる at 2013年02月26日 11:30
Posted by まるまる at 2013年02月26日 11:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/22403204
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。