トップページに戻る

(1)うつ病って何?鬱の症状、うつの状態



ちー友の一人は精神科医です。 彼は、よく、こう言います。

 全ての人はね、輝くダイヤモンドのような心を持っているんだよ。

 だからね、患者の中のダイヤモンドを 僕が心の底から信じて、

 僕自身の心を透明な鏡にして彼らに接しているとね、

 みんな、だんだんと自分の力で治っていく。

 だからね、僕は、決して、決して、あきらめないんだ。



この ちー友の精神科医に 鬱病について教えてもらいました。

一般むけに分かりやすい説明を・・・ということで書いてもらったので

ひとつの参考として、読んで下さいね。


(1)鬱状態、鬱病って、なあに?

「うつ」とは、一言で述べると、『活動エネルギーが少なくなった状態』です。

どのような状態か、そのイメージがわかない方は、自分が39℃くらいの熱が出た

ときのイメージをしてみてください。 しんどくて、何もする気がしないでしょう?

新聞やTVも見る気がしないし、人とも話したくもないでしょう? 頭が回らず、

何も考えられないでしょう? 体はだるくて、食欲もわかないでしょう?


「うつ」というのは、このような感じに近いと思います。

そんなときに周りに集まって励ましてもらいたいと思ったり、気分転換に旅行でも

行ったりしようと思いますか?そんなことはないでしょう?「うつ」がどんな感じ

なのか、どのように関わるといいのか、それがよくわからない場合は、このような

イメージを描いて考えてみてください。ある程度わかっていただけるのではないか

と思います。


「うつ状態」というのは、「うつ」を広い意味でとらえたものです。例えば、疲れ

がたまったときなどに、「今日は、ゆううつで、何もする気がしない」というよう

な気分になりますが、このように誰でもなりうるものです。


一方、「うつ病」は、その「うつ状態」がひどくなり、日常生活や社会生活に支障

をきたすようになった場合を言います。このレベルでは、自分の努力だけでは回復

するのがかなり難しくなり、心療内科や精神科などの医療機関にかかるのが望まし

いと思われます。


但し、しばしば「うつ病」と言われるのに、抵抗を感じる方が多くおられますから、

そのような方と関わられる場合には、むやみに「うつ病」という言葉を用いずに、

「もしかすると、うつ状態になっておられるのかもしれませんね。うつ状態という

のは、誰でもなりうるものですが、あなたの場合は、それがちょっときついのかも

しれませんね。


ご自分で休養されるのもいいかもしれませんが、それだけではなかなか回復する

のに時間がかかるようですから、病院に行かれて、お薬などの助けを借りた方が

早く楽になると思いますよ」というように語りかけてあげるとよいかもしれません。


続き、うつ、鬱病の人への関わりの基本的な考え方を読む

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。