トップページに戻る

(2)うつ、鬱病の人への関わりの基本的な考え方




自分のことを、「私はうつ病だ」と言われる方がおられますが、そのように言われ

る方が本当にうつ病とは限りません。また、病院などで「あなたはうつ病です」と

言われたとしても、一時的なうつ状態に過ぎず、本当のうつ病でないこともしばし

ばです。


要するに、ここで言いたいのは、『うつ病』という言葉に翻弄されないでいただき

たいということです。


本当にうつ病かどうかを見極めるのは、専門家でも難しいときがあります。ですか

ら、『うつ病』という言葉を聞いただけで、安易にその人をうつ病だと決めつけ、

人を「もの」のように捉えて、マニュアル化した対応をするのは望ましくありません。


ここでまとめた基本的な事柄を参考にしながらも、あくまでも私たち一人ひとり

が、「心の医者」として、よく相手の方を観察し、一人ひとりに合わせた関わりを

していくことが大切なことです。


続き、うつ病(鬱病)か否かを見分けるポイントを読んでみる 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。