トップページに戻る

泉先生の摂食障害(拒食症・過食症)のブログ

いつも、このサイトに来てくださる皆様、
本当に有難うございます。

今日は、このブログに原稿を書いてくださっている
泉和秀先生の新しいブログの紹介をさせてくださいね。

摂食障害を理解するために:拒食症・過食症が治る方法 です。

上記のサイトのコンテンツは、泉先生が、
摂食障害(拒食症・過食症)の患者さんの家族の方たちのために
分かりやすく書いたパンフレットが元になっています。

泉先生の勤務している病院の
家族教室に参加してくださったお母さんから、
このパンフレットについて、以下のような感想を貰ったそうです。

「今までの家族教室でも、いい話を聞いたな・・・とは
思ってましたが、実践に繋がりませんでした。でも、
今回は、子供にどのように声をかけたらいいのか、
どのように接したらいいのか、それが分かって嬉しかったです。」

摂食障害で苦しんでいる人が家族や友人にいるとき、
周りの人は、どのように接したらいいのか、
なかなか分からず、悩んだりしますよね。

そのような方が読むと、
摂食障害の人の気持ちがよく理解できるとともに
どのように関わると、その人が病気を克服し、
幸福な人生を歩むようになるための手助けができるかが
分かるようになると思います。

そのパンフレットは4部構成になっているのですが、
1部と2部は無料レポートとして出ています。

以下は、その無料レポートのダウンロードURLと
その内容についての泉先生の説明です。

無料レポート@摂食障害とは何か?

ダウンロードURL:
http://www.muryouform.com/rep.php?id=4405&seq=0

「拒食症」「過食症」「摂食障害」 こうした言葉を聞いて、
「一体、それは何?」と思われる方も、まだまだ多いと思われます。

本を読むと難しい。
インターネットで調べると簡単すぎる。
いろいろとあると思いますが、
即、実践につながるレポートをみなさんに伝えたいと思います。

私は、幸いにも非常に恵まれた環境の病院で働かせてもらい、
治療の難しいとされている摂食障害の人たちが病気が治るだけでなく、
主体的な幸せな人生を歩むようになる、
そんな医療に携わることが出来ました。

この摂食障害の医療の一端を知っていただき、
一人でも多くの摂食障害に携わる人たちの希望となればと思っております。

このレポートで語られているのは、

「摂食障害とは、どのような病気なのか」
「摂食障害は治るのか」
「摂食障害は治さないといけないのか」
「なぜ、摂食障害になったのか?」
「摂食障害の子どもに関わる家族の心構え」という内容です。

この中に、これまでの理論を踏まえつつ、
幸せに導く治療の中で見出された新しい理論を、
垣間見ていただければと思います。

無料レポートA摂食障害の心の問題

ダウンロードのURL:
http://www.muryouform.com/rep.php?id=4405&seq=1

このレポートには、
おそらくこれまでの摂食障害の本などには書かれていない
全く新しい理論が、いくつも述べられていると思います。

そして、この新しい理論こそが、これまで難しいとされた
摂食障害の人たちの治療を可能にする理論なのです。

本来であれば、
専門誌への論文として投稿すべき内容だったと思うのですが、
少しでも早く、今、苦しんでいる摂食障害の人たちや、
それに関わる家族、医療者のお役に立つことを願って、
無料レポートという形で、その内容を明らかにすることにしました。

「本当の自分の心」
「パーソナリティの問題に基づく心」
「摂食障害における3つの心」
「「湖面の波紋の原理」などにみる新しい理論を知ることが、
どれほどにその治療に光をもたらすか、まずはその心を理解して下さい。

ーーー

無料レポートのB、Cも出すことになると思います。
以下のブログでは、@からCの内容が全てアップされていますので
ブログを読んでみて、手元において読み返したいと思う方は、
ぜひ、無料レポートもダウンロードしてみて下さいね。

摂食障害を理解するために:拒食症・過食症が治る方法
posted by ちーひめ at 09:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ

精神科医・泉和秀先生の人格障害のサイト



いつもこのサイトに来てくださる皆様、
本当に有難うございます。

今日は嬉しいお知らせがあります。

このサイトに原稿を書いてくださっている
精神科医の泉和秀先生が、新しいサイトで、
人格障害について語ってくださることになりました。

新しい精神医療からみた境界性パーソナリティ障害

というサイトです。

興味がある方は、ぜひ行って見て下さいね。

ちーひめ

posted by ちーひめ at 10:31 | Comment(1) | TrackBack(0) | いろいろ

シンポジウム「医療者の心を守る」

みなさま、

今日は、医療者の心を守るというテーマでの
シンポジウムのお知らせです。

このサイトに原稿を書いてくださっている
泉和秀先生が、シンポジストとして登場します。

興味がおありの方は、以下の案内を読んでみてください。

ーーーーー

シンポジウム「医療者の心を守る」が、以下の
日程で開催されます。

平成18年8月20日(日)午前9時〜10時30分

参加費がかかりますが、関心のある方はいらして下さい。

(社)地域医療振興協会・小児心身医学会共催
     第5回地域医療学術集会

日時:平成18年8月19日(土)〜20日(日)

場所:都道府県会館 1階および4階
   東京都千代田区平河町2-6-3
   東京メトロ永田町駅下車

対象:地域医療に従事する医療関係者、医療系学生、その他

参加費:会員(地域医療振興協会)5000円
    非会員 医師5000円 その他の職種の方3000円

以下のHPに、学術集会のプログラムが掲載、
参加申し込みも可能

社団法人 地域医療振興協会 http://www.jadecom.or.jp 

連絡先 (社)地域医療振興協会 公益事業部 堀江
 
102-0093 東京都千代田区平河町2-4-1 
      日本都市センター会館9階

   TEL 03-5275-1051 FAX 03-5275-1052

シンポジウム 「医療者の心を守る」

平成18年8月20日(日)9時〜10時30分

司会 地域医療振興協会 石岡第一病院内科 舘有紀

シンポジスト

★大阪医科大学小児科 田中英高
   医療者の心を守る:いま私達ができること
★滋賀県立精神医療センター 泉和秀
   一精神科医の立場から:限界設定について
★筑波大学大学院人間総合科学研究科 看護科学系 上野恭子
   若い看護師が感じるジレンマとメンタルヘルス
★茨城キリスト教大学 栗原加代
   ターミナルケアでぶつかる壁:
自分自身が燃え尽きないために!

posted by ちーひめ at 08:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ

平野秀典の本・「ギフト」に泉和秀、舘有紀、ちーひめ登場



ちー友、ひらりんこと、平野秀典さんが
4冊目の本を出しました。

この本には、このサイトでおなじみの3人が登場してます。
そう、精神科医の泉和秀、管理人のちーひめ、
そして、医療者のうつ、鬱病、燃え尽き症候群のところで紹介した
内科医の舘有紀です!

この本の詳しい内容は以下を読んでみてね。
第6章に、わたしたち、登場してま〜す、えへへへ。

ちーひめ 

ーーーーーーー

ギフト 君に贈る豊かさの知恵
平野 秀典 (著)
価格: ¥1,575 (税込)

★ 出版社/著者からの内容紹介

感動プロデューサーが贈る、世の中にまだ見ぬ
百万回のハッピーエンドを生みだすための
「豊かさの智恵」の道標になる、7つのギフト。
マネーゲームでは味わえない真の幸福とは

★ 出版社からのコメント

何億稼いだ、収入が何倍になったの成功や、
自分や自社の価値証明のために、
相手を叩き潰してでも「勝ち組」になり、
上へのし上がる成功だけを求める人生は
なぜ虚しいのか。

「モノ」を売るビジネスの時代から、
「価値」を売るビジネスの時代へ入った今
だからこそ読者に響く、
マネーゲームでは味わえない真の幸福を分かち合う
感動のビジネス人生論。

父親から、大人になってビジネスを始めているであろう
未来のいつかの日の息子に向かって語りつぐ
“豊かさの知恵”とは?

その答えを通して、
これからビジネスを始める若い世代が目指そうとする
大人のモデルに新たな選択肢を与え、
真の成功とは何かを問いかける一冊です。

★ 著者、ひらりん(平野秀典)からのコメント

この本は、読むと幸せになるビジネス書です。
テクニックやノウハウは、一言も書いてありませんが、
自分や商品を豊かに表現する知恵が
たくさん書いてあります。

あなたの大切なお客様へ、あなたの愛する人へ、
かけがえのない家族へ、あなたの贈り物は何ですか?

成功だけの人生を求めるのでなく、
感動にあふれた生き方を選ぶ!

★ 著者について

感動プロデューサー、
(有)ドラマティックステージ代表。

立教大学卒(心理学専攻)。
究極のリピート商売「演劇」の舞台役者として
10年の経験から、
演劇とマーケティングを融合させた
「ドラマティックマーケティング」を開発。
二足の草鞋で所属していた企業の驚異的業績アップに
貢献する(推定300億円) 。

独立後は、業界を越え、
年間200回を超える講演、企業指導を行い
「小手先ではない感動創造の情熱と技術」
を伝え歩いている。

著書に『儲けを生みだす表現力の魔法』(かんき出版)、
『感動力』(ゴマブックス)、
『お客様の感動を設計するハッピーエンドのつくり方』
(ダイヤモンド社)がある。

韓国・台湾でも発売され、
国内外ともに感動のムーブメントを
巻き起こしている。

★ 抜粋

人生において、先輩である大人が
本来子供に伝えることとは?
自分の背中で、生き様で、夢を持つことが
どれほど大切で人生が素晴らしい可能性に満ちているのかを
語ってあげることができるかどうかである。

その行為は、もちろん簡単ではない。
しかし、挑戦の価値は大いにあるだろう。
その行為が、子供たちを励まし、勇気を提供し、
感動させ、生きることの意味を見出す「ギフト」になる
のではないかと私は思う。

(本書「プロローグ」より抜粋)



posted by ちーひめ at 12:20 | Comment(0) | TrackBack(1) | いろいろ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。