トップページに戻る

(1)うつ病って何?鬱の症状、うつの状態



ちー友の一人は精神科医です。 彼は、よく、こう言います。

 全ての人はね、輝くダイヤモンドのような心を持っているんだよ。

 だからね、患者の中のダイヤモンドを 僕が心の底から信じて、

 僕自身の心を透明な鏡にして彼らに接しているとね、

 みんな、だんだんと自分の力で治っていく。

 だからね、僕は、決して、決して、あきらめないんだ。



この ちー友の精神科医に 鬱病について教えてもらいました。

一般むけに分かりやすい説明を・・・ということで書いてもらったので

ひとつの参考として、読んで下さいね。


(1)鬱状態、鬱病って、なあに?

「うつ」とは、一言で述べると、『活動エネルギーが少なくなった状態』です。

どのような状態か、そのイメージがわかない方は、自分が39℃くらいの熱が出た

ときのイメージをしてみてください。 しんどくて、何もする気がしないでしょう?

新聞やTVも見る気がしないし、人とも話したくもないでしょう? 頭が回らず、

何も考えられないでしょう? 体はだるくて、食欲もわかないでしょう?


「うつ」というのは、このような感じに近いと思います。

そんなときに周りに集まって励ましてもらいたいと思ったり、気分転換に旅行でも

行ったりしようと思いますか?そんなことはないでしょう?「うつ」がどんな感じ

なのか、どのように関わるといいのか、それがよくわからない場合は、このような

イメージを描いて考えてみてください。ある程度わかっていただけるのではないか

と思います。


「うつ状態」というのは、「うつ」を広い意味でとらえたものです。例えば、疲れ

がたまったときなどに、「今日は、ゆううつで、何もする気がしない」というよう

な気分になりますが、このように誰でもなりうるものです。


一方、「うつ病」は、その「うつ状態」がひどくなり、日常生活や社会生活に支障

をきたすようになった場合を言います。このレベルでは、自分の努力だけでは回復

するのがかなり難しくなり、心療内科や精神科などの医療機関にかかるのが望まし

いと思われます。


但し、しばしば「うつ病」と言われるのに、抵抗を感じる方が多くおられますから、

そのような方と関わられる場合には、むやみに「うつ病」という言葉を用いずに、

「もしかすると、うつ状態になっておられるのかもしれませんね。うつ状態という

のは、誰でもなりうるものですが、あなたの場合は、それがちょっときついのかも

しれませんね。


ご自分で休養されるのもいいかもしれませんが、それだけではなかなか回復する

のに時間がかかるようですから、病院に行かれて、お薬などの助けを借りた方が

早く楽になると思いますよ」というように語りかけてあげるとよいかもしれません。


続き、うつ、鬱病の人への関わりの基本的な考え方を読む

(2)うつ、鬱病の人への関わりの基本的な考え方




自分のことを、「私はうつ病だ」と言われる方がおられますが、そのように言われ

る方が本当にうつ病とは限りません。また、病院などで「あなたはうつ病です」と

言われたとしても、一時的なうつ状態に過ぎず、本当のうつ病でないこともしばし

ばです。


要するに、ここで言いたいのは、『うつ病』という言葉に翻弄されないでいただき

たいということです。


本当にうつ病かどうかを見極めるのは、専門家でも難しいときがあります。ですか

ら、『うつ病』という言葉を聞いただけで、安易にその人をうつ病だと決めつけ、

人を「もの」のように捉えて、マニュアル化した対応をするのは望ましくありません。


ここでまとめた基本的な事柄を参考にしながらも、あくまでも私たち一人ひとり

が、「心の医者」として、よく相手の方を観察し、一人ひとりに合わせた関わりを

していくことが大切なことです。


続き、うつ病(鬱病)か否かを見分けるポイントを読んでみる 

(3)うつ病(鬱病)か否かを見分けるポイント




参考までに、鬱病か否かを見分けるポイントをいくつかまとめておきます。

・ 新聞やTVを見る気がしない、人と話したくない、頭が回らないというのは、

 うつに特有の症状かと思います。(もちろんそれ以外のパターンもあります)

 ですから、こうしたことを問いかけてみられると、一つの目安になります。


・ 本当のうつ病の方は、うつの期間が何週間も何ヶ月も持続しているものです。
 
 うつが数日間くらいしか続かず、気分が変わるというような方は、一時的なうつ

 状態であって、本当のうつ病ではない可能性が高いと考えられます。


・ 例外はありますが、何でも周りのせいにするような他責的な方、怒りっぽい方

 は、うつ病ではないことが多いと思います。うつ病の方は、しばしば自分を責め

 られ、むしろそうした弱音さえもなかなか見せられない方に多いように思われます。


続き、うつ・うつ状態・鬱病の人にどう関わるか、を読む

(4)うつ状態、うつ病の方への関わり方




関わり方は、うつ病に関する本などをみていただければ、どれにも同じようなこと

が書かれています。ここでは、ごく簡単にいくつかのポイントをまとめておきたい

と思います。



(1) まず、私達自身が、うつ状態、うつ病を理解するようにしましょう


本当に相手の身になって理解しようとするならば、それは通じるものだと思います

ので、うつ状態、うつ病の方への関わりをいたずらに心配する必要はありません。

しかし、相手のことをよく理解しないままに、自分なりのやり方で関わられると、

しばしば逆効果になることがあります。

少なくともここにまとめてある程度のことは理解していただければと思います。


(2)相手の気持ちを無理なく聴くようにし、励ましや説教を避けましょう。


うつの方は、限界まで精一杯、頑張りすぎて、うつ状態やうつ病になっておられ

ます。そんなときに、「頑張れ」と言われれば、「もっと頑張らないといけない

のか。しかし、もう私にはそんな力はない。何もできないような自分に生きる資格

はない。」というような感じで行き詰ってしまい、自殺につながります。


「頑張れ」というような励ましや説教は避けるようにし、相手の気持ちを、相手が

疲れない程度に、無理なく聴いてあげるようにしましょう。


(3)決断にはストップをかけましょう。


うつ状態の時には、本来の自分を見失っており、物事を悲観的にしか考えられま

せん。ですから、こうしたときに仕事を辞めるなどの決断してしまうと、元気に

なったときに、「早まったことをしてしまった」というように、しばしば後悔しま
す。

うつの人には、とにかく決断するのを待ってもらって、まずはゆっくりと休んでい

ただくことが大切なことです。


(4)死なないように約束をしましょう


うつの方が「死にたい」という気持ちを持っている場合、ときには、

「絶対に死なないようにしてね」

と約束することも大事なことです。


(5)「怠けているのではないか」と思われるくらいの感じで休んでもらいましょう。


うつ病になられるような方は、絶対に仕事を休んではいけないと思い込み、なかなか

休もうとされません。例え、休んだとしても、家で仕事をしたり、体を動かしたり

しなくていはいけないと思い、いつも「ねばならない」思考に囚われています。

休むことに、とても強い罪悪感を持っておられます。


しかし、行動すればするほどに活動エネルギーは消耗し、回復を遅らせることに

なります。本当に『したい』ことであればしていただいてもかまいませんが、

『しなければいけない』と思うようなことにしてはいけません。


「怠けているのではないか」と思われるくらいの感じで、ゆっくりと休んでいただき、

活動エネルギーを回復させるのが、とても大事な治療です。


(6)薬は有効に利用しましょう


うつ病のお薬は、きわめて優れていて、その回復のスピードを早めてくれます。

ですから、うつ病に陥ったときには、ゆっくりと休養するとともに、早めに心療内科

や精神科を受診して、お薬による治療も併せて行った方が早く楽になることができ

ると思います。


すなわち、自殺したいという念いからも早く離れることができるということです。


(7) きちんとした治療を行えば、良くなっていくと伝えるようにしましょう。



よく言われていることですが、きちんとした薬物治療を行えば、かなりの人が良く

なられます。ですから、相手の方が「もうどうしようもない」と絶望感の中にある

ときには、「うつは、必ず良くなっていく」と伝え、安心感を持ってもらうことです。


(但し、現実には、薬と休養だけでは治りにくい方もおられます。それは、その人

自身の中にまだ乗り越えていない心の問題があるからです。その部分については、

また、別に対処しなければなりません。)






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。